096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

コロナに便乗したリフォーム詐欺にご用心!

コロナウイルス

変異種の出現により、今でも増加の一途を辿っている新型コロナウイルス。1年以上経った今でも終息の気配はありません。

コロナによる社会全体の混乱はコロナ禍と呼ばれ、企業が倒産したり失業者が増加したりと、危機的な経済状況に陥りました。

そんな中、コロナに便乗し非常にあくどい手口でお金を騙しとるコロナウイルス詐欺が横行しています。

コロナウイルス詐欺被害が増えている!

電話

昨年警視庁が発表したコロナ詐欺の被害額は、なんと8,395万円。

自治体や金融機関の職員を名乗り「給付金を受け取るにはキャッシュカードを新しく作らなければならない」とか「給付金受給の手続きを代行する」などと言い寄り、キャッシュカードを騙しとるなどする手口が多いそうです。

キャッシュカード

その他にも「品薄のマスクや消毒を販売する」といってお金を騙しとったり、「コロナの影響で中国の経済が崩壊して金の相場が上がる。今が投資のチャンス!」などと言ってお金を騙しとるケースも。

コロナに便乗したリフォーム詐欺まで横行!

詐欺

リフォームに関するコロナ詐欺も横行しました。

手口としては「水道管にコロナウイルスが付着しているから、今すぐ消毒したほうがいい」と言い寄り、高額な除菌代を請求するというもの。

「工事現場に近づくと感染する恐れがあるので、家の中で待っていてください」と言って実際は外の水道管には何もせず、15分ほど経ったところで「終わりましたよ」と言うそうです。

水道管

コロナ禍で、人々が不安な日々を過ごす中、突然「ウイルスが付着している」なんて言われたら、ますます不安になります。「このまま水道管を放っておいたら、ウイルスが蔓延して、自分だけでなく周りの人々も巻き込んでしまう…!」と焦ってしまいますよね。

リフォーム詐欺を仕掛けてくる悪徳業者は、このような人の心理を衝き、さまざまな手口でお金を騙しとろうとします。

コロナをうたったフォーム詐欺に遭わないために

詐欺

このようなコロナリフォーム詐欺を働く人は、災害時の不安をあおり専門用語を並べ立て、家の中に入ろうとしたり契約書を見せたりし、その場で契約させようとします。

中には無料の点検といって、後日高額な請求書を送りつけたり、少額でも適当な工事をし返って家にダメージを与えてしまったりというケースもあります。

リフォーム詐欺に遭わないためのポイントは

・災害直後に訪問する見知らぬ業者からの点検案内や工事は断る。

・契約書を見せられても、その場では絶対にサインしない。

・第三者に介入してもらい、審議する。自分一人で対応しない。

万が一契約した場合でもクーリング・オフの制度があるので、契約した日から8日以内であれば解約できます。

契約

自分の身に降りかかる災いは一刻も早く振り払いたいもの。しかもそれがおトクにできるなら、なおさら早くしたい。

詐欺を働く人たちはこのような心理を衝いて不安をあおり、高額な請求でも、安く感じられるよう巧みに語ります。

詐欺

コロナ詐欺の罠にかからないためには、常日頃からコロナに関する情報を聞き取り、冷静な判断で対応することが大切です。

少しでも怪しいなと思ったら、断固として契約を拒否!それでもしつこいようなら、警察に通報しましょう。

コロナに便乗したリフォーム詐欺にご用心!

コロナウイルス

変異種の出現により、今でも増加の一途を辿っている新型コロナウイルス。1年以上経った今でも終息の気配はありません。

コロナによる社会全体の混乱はコロナ禍と呼ばれ、企業が倒産したり失業者が増加したりと、危機的な経済状況に陥りました。

そんな中、コロナに便乗し非常にあくどい手口でお金を騙しとるコロナウイルス詐欺が横行しています。

コロナウイルス詐欺被害が増えている!

電話

昨年警視庁が発表したコロナ詐欺の被害額は、なんと8,395万円。

自治体や金融機関の職員を名乗り「給付金を受け取るにはキャッシュカードを新しく作らなければならない」とか「給付金受給の手続きを代行する」などと言い寄り、キャッシュカードを騙しとるなどする手口が多いそうです。

キャッシュカード

その他にも「品薄のマスクや消毒を販売する」といってお金を騙しとったり、「コロナの影響で中国の経済が崩壊して金の相場が上がる。今が投資のチャンス!」などと言ってお金を騙しとるケースも。

コロナに便乗したリフォーム詐欺まで横行!

詐欺

リフォームに関するコロナ詐欺も横行しました。

手口としては「水道管にコロナウイルスが付着しているから、今すぐ消毒したほうがいい」と言い寄り、高額な除菌代を請求するというもの。

「工事現場に近づくと感染する恐れがあるので、家の中で待っていてください」と言って実際は外の水道管には何もせず、15分ほど経ったところで「終わりましたよ」と言うそうです。

水道管

コロナ禍で、人々が不安な日々を過ごす中、突然「ウイルスが付着している」なんて言われたら、ますます不安になります。「このまま水道管を放っておいたら、ウイルスが蔓延して、自分だけでなく周りの人々も巻き込んでしまう…!」と焦ってしまいますよね。

リフォーム詐欺を仕掛けてくる悪徳業者は、このような人の心理を衝き、さまざまな手口でお金を騙しとろうとします。

コロナをうたったフォーム詐欺に遭わないために

詐欺

このようなコロナリフォーム詐欺を働く人は、災害時の不安をあおり専門用語を並べ立て、家の中に入ろうとしたり契約書を見せたりし、その場で契約させようとします。

中には無料の点検といって、後日高額な請求書を送りつけたり、少額でも適当な工事をし返って家にダメージを与えてしまったりというケースもあります。

リフォーム詐欺に遭わないためのポイントは

・災害直後に訪問する見知らぬ業者からの点検案内や工事は断る。

・契約書を見せられても、その場では絶対にサインしない。

・第三者に介入してもらい、審議する。自分一人で対応しない。

万が一契約した場合でもクーリング・オフの制度があるので、契約した日から8日以内であれば解約できます。

契約

自分の身に降りかかる災いは一刻も早く振り払いたいもの。しかもそれがおトクにできるなら、なおさら早くしたい。

詐欺を働く人たちはこのような心理を衝いて不安をあおり、高額な請求でも、安く感じられるよう巧みに語ります。

詐欺

コロナ詐欺の罠にかからないためには、常日頃からコロナに関する情報を聞き取り、冷静な判断で対応することが大切です。

少しでも怪しいなと思ったら、断固として契約を拒否!それでもしつこいようなら、警察に通報しましょう。