096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

リフォームとリノベーションの違いって??

家の設計

リフォームと同じくしてよく聞く
リノベーション。

リノベしました!とかフルリノベ済み!とか賃貸情報誌などではよく耳にする言葉です。

でも、リフォームとどう違うのか。

よく知らないまま「古い家を新しくした」という意味合いで同義的な解釈がされていることでしょう。

リフォーム=改良

リフォーム

リフォームとは英語で『reform』。form=形をre=戻す、つまり悪い所を修復することをいいます。

原状回復、という意味合いもあり、家の不具合を直し住み始めた頃の家に戻すことを指します。

リフォームの工事には、壁紙の張替えや雨漏り工事、キッチンや洗面所などの設備と取り換え工事などがあります。

リノベーション=改築

リノベーション

対してリノベーションは『renovation』。
renovationは、革新や刷新という意味です。

つまり、大規模な工事をし、それまでにない機能を付け価値を高めることをいいます。

例えば、部屋と部屋の仕切りをなくして広くするなど間取りを変えるのはリノベーションに該当します。

新築と同等か、それ以下の性能になる工事は「リフォーム」、反対に、新築以上の性能になる工事は「リノベーション」なんですね。

リフォームやリノベーションをする人が増えてきた理由とは?

マイホーム計画

現在の日本の家は、7.6戸に1戸が空家といわれています。

5年後には、3戸に1戸が空き家にもなるともいわれており、年々その数は急増しています。

そんな中、空き家を購入しリフォームやリノベーションをして住む人が増えています。

新築を建てるよりもずっと費用を抑えられるからです。

新築のマイホームを建てるのは一つのステータスでもあるでしょう。

リノベーション

しかし、古くなれば価値がない。

手放された家は空き家となって増えているのです。

しかし中古物件には、新築にない魅力がたくさんつまっています。

環境に優しく、そして家の価値をさらに高め
自分好みの快適な空間作りができる
のです。

今、ひそかにブームとなっている古民家再生。

古民家カフェ

昔の趣ある落ち着いた和の空間が“癒し”となり人気が高まりつつあります。

このような時代だからこそ見直され、求められているのでしょう。

未来の家はどのような形になるのか想像はつきませんが、今新築といわれている家も、50年経てば古民家の一つになるかもしれませんね。

リフォームとリノベーションの違いって??

家の設計

リフォームと同じくしてよく聞く
リノベーション。

リノベしました!とかフルリノベ済み!とか賃貸情報誌などではよく耳にする言葉です。

でも、リフォームとどう違うのか。

よく知らないまま「古い家を新しくした」という意味合いで同義的な解釈がされていることでしょう。

リフォーム=改良

リフォーム

リフォームとは英語で『reform』。form=形をre=戻す、つまり悪い所を修復することをいいます。

原状回復、という意味合いもあり、家の不具合を直し住み始めた頃の家に戻すことを指します。

リフォームの工事には、壁紙の張替えや雨漏り工事、キッチンや洗面所などの設備と取り換え工事などがあります。

リノベーション=改築

リノベーション

対してリノベーションは『renovation』。
renovationは、革新や刷新という意味です。

つまり、大規模な工事をし、それまでにない機能を付け価値を高めることをいいます。

例えば、部屋と部屋の仕切りをなくして広くするなど間取りを変えるのはリノベーションに該当します。

新築と同等か、それ以下の性能になる工事は「リフォーム」、反対に、新築以上の性能になる工事は「リノベーション」なんですね。

リフォームやリノベーションをする人が増えてきた理由とは?

マイホーム計画

現在の日本の家は、7.6戸に1戸が空家といわれています。

5年後には、3戸に1戸が空き家にもなるともいわれており、年々その数は急増しています。

そんな中、空き家を購入しリフォームやリノベーションをして住む人が増えています。

新築を建てるよりもずっと費用を抑えられるからです。

新築のマイホームを建てるのは一つのステータスでもあるでしょう。

リノベーション

しかし、古くなれば価値がない。

手放された家は空き家となって増えているのです。

しかし中古物件には、新築にない魅力がたくさんつまっています。

環境に優しく、そして家の価値をさらに高め
自分好みの快適な空間作りができる
のです。

今、ひそかにブームとなっている古民家再生。

古民家カフェ

昔の趣ある落ち着いた和の空間が“癒し”となり人気が高まりつつあります。

このような時代だからこそ見直され、求められているのでしょう。

未来の家はどのような形になるのか想像はつきませんが、今新築といわれている家も、50年経てば古民家の一つになるかもしれませんね。