096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

今だからこそ注目したい!和室の魅力と驚くべき機能性

皆さんの家には和室がありますか?

洋風の住宅が人気の昨今。

主な床材はフローリングで、メインルームを和室にしているという家は少ない傾向にあるでしょう。

でも、日本の家は本来和室中心の家でした。

茶道や華道など詫び・寂びといわれる文化は、和室の雰囲気と共に生まれたといっても相違ないでしょう。

今でも仏間や来客用に和室をしつられている家はありますが、和室にはそれぞれ日本の気候と風土にあった役割と機能があったんです。

和室の歴史と種類

日本において和室は、鎌倉〜室町時代にかけて作られた伝統的な部屋をいいます。

和室には、床に敷き詰められる畳、そして部屋を仕切る障子や襖に囲まれているのが特徴の部屋です。

そんな和室、実は床の間の雰囲気によって3つの格式に分かれています。

【真】
書院作りを基本とした作りです。床の間や床脇、書院、長押などを備え
厳かで重厚な雰囲気が漂っています。

【行】
真の次に格式が高く、銘木が丸太や面皮を使用している場合行になります。

【草】
茶室を基に作られており、銘木は細い自然木を使っているので素朴な雰囲気を特徴としています。

この中でも日本の住宅に多いのは「草」のタイプ。

もともとは茶室であったことから、家の主人の趣向が現れた部屋で各家の“顔”だったんですね。

最近では、リビングとつながったくつろぎスペースや客間などの用途で設けられています。

和室の魅力

様式の生活スタイルが浸透しつつある今、和室の使い勝手は昔と今では大きく異なっているようです。

昔は、和室がどの部屋にもあったので、家族みんなでごはんを食べたり、コタツに入って団らんしたり布団を敷いて寝たりしていました。

今ではダイニングテーブルやベッドなど、家具も洋式化しているので、和室で過ごすことが少なくなりつつあります。

でも和室は、一見使い勝手が悪そうに見えて、実は色んな場面で活用できる部屋です。

畳みの上にそのままゴロンと横になれるし、コタツを置いて居間にしたり布団を敷いて客室としたり。

ときには洗濯物を畳んだり縫物をしたりと、ちょっとした家事スペースにもなるのです。

畳の驚くべき力とは?

“時間が経つと色あせてくるし、草が毛羽立って張り替えが面倒”とか“油断したらカビやダニが発生して手入れが大変そう”とか、中には“独特の匂いが苦手”というように

畳に対してこんなイメージを持っている人って、意外と多いのではないでしょうか。

でも、畳にはわたしたちの健康を守ってくれる機能があるんです。

【①調湿機能に優れている】
畳は、藁(わら)とイ草でできているので、吸湿性と放湿性に優れています。畳一枚で約0.5ℓもの水分を吸湿できるとされ、じめじめした梅雨の時期や乾燥する冬の季節に応じて、調湿してくれます。

【②消臭・吸臭効果がある】
イ草にある小さな穴が、空気中の二酸化炭素やホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着してくれるので、空気清浄機のような効果が期待できます。

【③リラックス効果がある】
イ草に多く含まれる「フィトンチッド」という成分が、森林浴で深呼吸したときのようなリラックス効果をもたらしてくれるのだとか。

高温多湿な日本で生まれた畳だからこそ空間を快適にしてくれる天然作用に優れ、和室文化を支えてきたといえます。

環境問題や健康被害が騒がれる今だからこそ、注目したい素材ですね。

今だからこそ注目したい!和室の魅力と驚くべき機能性

皆さんの家には和室がありますか?

洋風の住宅が人気の昨今。

主な床材はフローリングで、メインルームを和室にしているという家は少ない傾向にあるでしょう。

でも、日本の家は本来和室中心の家でした。

茶道や華道など詫び・寂びといわれる文化は、和室の雰囲気と共に生まれたといっても相違ないでしょう。

今でも仏間や来客用に和室をしつられている家はありますが、和室にはそれぞれ日本の気候と風土にあった役割と機能があったんです。

和室の歴史と種類

日本において和室は、鎌倉〜室町時代にかけて作られた伝統的な部屋をいいます。

和室には、床に敷き詰められる畳、そして部屋を仕切る障子や襖に囲まれているのが特徴の部屋です。

そんな和室、実は床の間の雰囲気によって3つの格式に分かれています。

【真】
書院作りを基本とした作りです。床の間や床脇、書院、長押などを備え
厳かで重厚な雰囲気が漂っています。

【行】
真の次に格式が高く、銘木が丸太や面皮を使用している場合行になります。

【草】
茶室を基に作られており、銘木は細い自然木を使っているので素朴な雰囲気を特徴としています。

この中でも日本の住宅に多いのは「草」のタイプ。

もともとは茶室であったことから、家の主人の趣向が現れた部屋で各家の“顔”だったんですね。

最近では、リビングとつながったくつろぎスペースや客間などの用途で設けられています。

和室の魅力

様式の生活スタイルが浸透しつつある今、和室の使い勝手は昔と今では大きく異なっているようです。

昔は、和室がどの部屋にもあったので、家族みんなでごはんを食べたり、コタツに入って団らんしたり布団を敷いて寝たりしていました。

今ではダイニングテーブルやベッドなど、家具も洋式化しているので、和室で過ごすことが少なくなりつつあります。

でも和室は、一見使い勝手が悪そうに見えて、実は色んな場面で活用できる部屋です。

畳みの上にそのままゴロンと横になれるし、コタツを置いて居間にしたり布団を敷いて客室としたり。

ときには洗濯物を畳んだり縫物をしたりと、ちょっとした家事スペースにもなるのです。

畳の驚くべき力とは?

“時間が経つと色あせてくるし、草が毛羽立って張り替えが面倒”とか“油断したらカビやダニが発生して手入れが大変そう”とか、中には“独特の匂いが苦手”というように

畳に対してこんなイメージを持っている人って、意外と多いのではないでしょうか。

でも、畳にはわたしたちの健康を守ってくれる機能があるんです。

【①調湿機能に優れている】
畳は、藁(わら)とイ草でできているので、吸湿性と放湿性に優れています。畳一枚で約0.5ℓもの水分を吸湿できるとされ、じめじめした梅雨の時期や乾燥する冬の季節に応じて、調湿してくれます。

【②消臭・吸臭効果がある】
イ草にある小さな穴が、空気中の二酸化炭素やホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着してくれるので、空気清浄機のような効果が期待できます。

【③リラックス効果がある】
イ草に多く含まれる「フィトンチッド」という成分が、森林浴で深呼吸したときのようなリラックス効果をもたらしてくれるのだとか。

高温多湿な日本で生まれた畳だからこそ空間を快適にしてくれる天然作用に優れ、和室文化を支えてきたといえます。

環境問題や健康被害が騒がれる今だからこそ、注目したい素材ですね。