096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

外壁のリフォーム。どんな方法がベスト?

あなたの家の壁は何でできていますか?

と聞かれても、すぐに答えられない人が大半ではないでしょうか。

外壁にはいくつか種類があります。

見た目や触り心地の違いは「わかる!」としても、正式名称を答えられるかと聞かれるとそういえば知らないな…

モルタル?コンクリート?土壁?木?タイル?レンガ?

今回は、多くの住宅に使われている外壁の材質の特徴と、そのリフォームについてご紹介します。

サイディングってどんな壁材?

サイディングとは、建物の外壁を仕上げるときに使う外壁に張る板材のことです。

住宅産業に関わる人なら、一度は聞いたことがあるでしょう。

日本の住宅でサイディングを採用しているのは、全体の7割以上。

定番中の定番といえる外装材です。

施工の仕方は、壁の広さに合わせてサイディングボードをカットし、つなぎ目を合わせながら一枚ずつ外壁に張り付けてゆきます。

サイディングには4つの材質があり

・窯業系
・木材系
・樹脂系
・金属系があります。

最も採用されているのは、軽くて丈夫な上に加工もしやすいセメント製や金属製のもの。

サイディングのメリット・デメリット

サイディングのメリットはデザインが豊富な上、コストも安く、工事も短い時間で済む点です。

デメリットは、材質にもよりますが耐用年数が7~8年と短い点。

置かれている環境にもよりますが、塗装の場合は10年~12年が塗り替えの周期だとされており。レンガや石材を使った場合は耐用年数はもっと長くなります。

また、サイディングが劣化するとどんな症状がでるか。よくあるのがチョーキングです。

チョーキングとは、手で触るとチョークのような白い粉がつく現象です。

他には、つなぎ目のシーリング材がボロボロになったり、ボード自体が反ったりするなどの症状があります。

このような症状が出たときは、メンテナンスのサイン。

劣化した箇所から雨水などが入りこみダメージが急速に進みます。早めに対処しましょう。

予算と状況に応じてベストなリフォームを!

サイディングのリフォーム方法は主に4つあります。

【①新しいサイディングへの張り替え】

基本的に一番おススメの方法です。ボードの劣化や外観のイメージを変えたいときなどはこの方法がベストでしょう。

【②傷んだ部分だけの張り替え】

費用を抑えられる方法です。交換しないところと比べると色味に差がでたり、タイミングによってはボードが廃盤になったりするので
注意が必要です。

【③既存のものの上に新しく重ね張り】

費用も抑えられて、工事期間も短く済みます。でも既存のものに合わなかったり隙間から雨水が入り込んだりして外壁そのものを傷める恐れがあるため、注意が必要です。

いずれにしても外壁は、家の中でも一番ダメージを受けやすい箇所。

定期的にメンテナンスリフォームをし、家の美観と寿命を守りましょう!

外壁のリフォーム。どんな方法がベスト?

あなたの家の壁は何でできていますか?

と聞かれても、すぐに答えられない人が大半ではないでしょうか。

外壁にはいくつか種類があります。

見た目や触り心地の違いは「わかる!」としても、正式名称を答えられるかと聞かれるとそういえば知らないな…

モルタル?コンクリート?土壁?木?タイル?レンガ?

今回は、多くの住宅に使われている外壁の材質の特徴と、そのリフォームについてご紹介します。

サイディングってどんな壁材?

サイディングとは、建物の外壁を仕上げるときに使う外壁に張る板材のことです。

住宅産業に関わる人なら、一度は聞いたことがあるでしょう。

日本の住宅でサイディングを採用しているのは、全体の7割以上。

定番中の定番といえる外装材です。

施工の仕方は、壁の広さに合わせてサイディングボードをカットし、つなぎ目を合わせながら一枚ずつ外壁に張り付けてゆきます。

サイディングには4つの材質があり

・窯業系
・木材系
・樹脂系
・金属系があります。

最も採用されているのは、軽くて丈夫な上に加工もしやすいセメント製や金属製のもの。

サイディングのメリット・デメリット

サイディングのメリットはデザインが豊富な上、コストも安く、工事も短い時間で済む点です。

デメリットは、材質にもよりますが耐用年数が7~8年と短い点。

置かれている環境にもよりますが、塗装の場合は10年~12年が塗り替えの周期だとされており。レンガや石材を使った場合は耐用年数はもっと長くなります。

また、サイディングが劣化するとどんな症状がでるか。よくあるのがチョーキングです。

チョーキングとは、手で触るとチョークのような白い粉がつく現象です。

他には、つなぎ目のシーリング材がボロボロになったり、ボード自体が反ったりするなどの症状があります。

このような症状が出たときは、メンテナンスのサイン。

劣化した箇所から雨水などが入りこみダメージが急速に進みます。早めに対処しましょう。

予算と状況に応じてベストなリフォームを!

サイディングのリフォーム方法は主に4つあります。

【①新しいサイディングへの張り替え】

基本的に一番おススメの方法です。ボードの劣化や外観のイメージを変えたいときなどはこの方法がベストでしょう。

【②傷んだ部分だけの張り替え】

費用を抑えられる方法です。交換しないところと比べると色味に差がでたり、タイミングによってはボードが廃盤になったりするので
注意が必要です。

【③既存のものの上に新しく重ね張り】

費用も抑えられて、工事期間も短く済みます。でも既存のものに合わなかったり隙間から雨水が入り込んだりして外壁そのものを傷める恐れがあるため、注意が必要です。

いずれにしても外壁は、家の中でも一番ダメージを受けやすい箇所。

定期的にメンテナンスリフォームをし、家の美観と寿命を守りましょう!