096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

冬こそ効果的!大掛かりな工事不要の雑草対策

草むしり

庭を所有している人が抱える問題の一つに“雑草対策”があります。

特に夏場は、あっという間に庭じゅうが草だらけに。むしってもむしっても生えてきます。

雑草は、植栽や家庭菜園の作物に必要な栄養を奪ってしまいます。ときには害虫を寄せ付けてしまうことも。

むしってもキリがないからと諦めて放置すると、瞬く間に荒れ地のようになり、美観も損ねてしまいます。

今回は、大掛かりな工事をせず手軽にできる雑草対策を紹介します!

脅威の生命力をもった雑草

雑草

種を植えたわけでもないし、根から引っこ抜いてるのに、なんで雑草はすぐに生えてくるのでしょうか。

雑草は、抜いた他の雑草から種が土に落ちたり、タンポポの綿毛ように風に乗って運ばれてきた種から、芽を出したりします。

時には、鳥が落としたフンの中にも、種が混じっていることも。どんなに防ごうと思っても限界があるのです。

石の隙間から出てくる雑草

しかも、生命力も驚異的。ブロック塀の隙間からもニョキニョキと生えてきます。

なぜこんなにも生命力が強いのかというと、他の作物や花が、人の手が加えられ
品種改良されたものであるのに対し、ほとんどの雑草は原生のままで品種改良されていません。

そのため、温室で育てられたり、肥料を与えられたりして育つ作物や花と違い、雑草は自然の力だけで生き残る種であるため、住宅街でも繁茂できる生命力が
備わっているんですね。

今日からできる雑草対策

庭

効果的な雑草対策としては、除草剤の散布があります。

短時間で広範囲にまけて、根から枯らしてくれる除草剤。ドラッグストアでも簡単に入手できるので、使っている人も多いことでしょう。

でも、ペットや小さなお子様がいるご家庭は、除草剤の成分が有害ではないか気になってしまいますよね。

除草剤

そこで、除草剤を使わない効果的な方法をご紹介します。

【①砂利】

地面に敷くだけという最も手軽な方法です。ホームセンター行けば大小さまざまな砂利が売っています。

値段も非常に安価なので、費用を抑えたい人にもおススメです。

砂利

【②防草シート】

砂利の下に敷いておけば、もっと効果的になります。砂利よりも多少コストはかかりますが草むしりの苦労を考えれば安いでしょう。

砂利

【③石材】

砂利と同じ効果があります。デザインも豊富にあるので、どんな家にも合いますし美観の維持にも役立ちます。

【④植栽】

背丈の低いツツジなどを利用し、地面に日を当たらなくすることで雑草が生えてくるのを防ぎます。植栽自体の手入れは必要ですが、植栽が庭の外観を整えてくれます。

【⑤防草舗装】

土が全くないのも寂しいという人におススメの方法で、雑草が生えてくる土の部分を極力少なくする舗装です。

雑草が生えてこない冬場こそ対策を!

冬にはあまり、雑草は生えてきません。

生えるとしたら木の下や建物周りに生えるコケくらいでしょう。

でも、雑草が生えない冬場こそ徹底して対策をしておくと、春から生えてくる雑草を抑えることができます。

庭

夏の暑い中、草むしりをするのは、熱中症などの恐れもあります。・草刈り

春から生えてくる雑草に向け先回りして対策をしておくと、大変な想いをせずに済むでしょう。

毎年雑草に悩まされている人は、是非これからの季節に対策をとってみてください^^

冬こそ効果的!大掛かりな工事不要の雑草対策

草むしり

庭を所有している人が抱える問題の一つに“雑草対策”があります。

特に夏場は、あっという間に庭じゅうが草だらけに。むしってもむしっても生えてきます。

雑草は、植栽や家庭菜園の作物に必要な栄養を奪ってしまいます。ときには害虫を寄せ付けてしまうことも。

むしってもキリがないからと諦めて放置すると、瞬く間に荒れ地のようになり、美観も損ねてしまいます。

今回は、大掛かりな工事をせず手軽にできる雑草対策を紹介します!

脅威の生命力をもった雑草

雑草

種を植えたわけでもないし、根から引っこ抜いてるのに、なんで雑草はすぐに生えてくるのでしょうか。

雑草は、抜いた他の雑草から種が土に落ちたり、タンポポの綿毛ように風に乗って運ばれてきた種から、芽を出したりします。

時には、鳥が落としたフンの中にも、種が混じっていることも。どんなに防ごうと思っても限界があるのです。

石の隙間から出てくる雑草

しかも、生命力も驚異的。ブロック塀の隙間からもニョキニョキと生えてきます。

なぜこんなにも生命力が強いのかというと、他の作物や花が、人の手が加えられ
品種改良されたものであるのに対し、ほとんどの雑草は原生のままで品種改良されていません。

そのため、温室で育てられたり、肥料を与えられたりして育つ作物や花と違い、雑草は自然の力だけで生き残る種であるため、住宅街でも繁茂できる生命力が
備わっているんですね。

今日からできる雑草対策

庭

効果的な雑草対策としては、除草剤の散布があります。

短時間で広範囲にまけて、根から枯らしてくれる除草剤。ドラッグストアでも簡単に入手できるので、使っている人も多いことでしょう。

でも、ペットや小さなお子様がいるご家庭は、除草剤の成分が有害ではないか気になってしまいますよね。

除草剤

そこで、除草剤を使わない効果的な方法をご紹介します。

【①砂利】

地面に敷くだけという最も手軽な方法です。ホームセンター行けば大小さまざまな砂利が売っています。

値段も非常に安価なので、費用を抑えたい人にもおススメです。

砂利

【②防草シート】

砂利の下に敷いておけば、もっと効果的になります。砂利よりも多少コストはかかりますが草むしりの苦労を考えれば安いでしょう。

砂利

【③石材】

砂利と同じ効果があります。デザインも豊富にあるので、どんな家にも合いますし美観の維持にも役立ちます。

【④植栽】

背丈の低いツツジなどを利用し、地面に日を当たらなくすることで雑草が生えてくるのを防ぎます。植栽自体の手入れは必要ですが、植栽が庭の外観を整えてくれます。

【⑤防草舗装】

土が全くないのも寂しいという人におススメの方法で、雑草が生えてくる土の部分を極力少なくする舗装です。

雑草が生えてこない冬場こそ対策を!

冬にはあまり、雑草は生えてきません。

生えるとしたら木の下や建物周りに生えるコケくらいでしょう。

でも、雑草が生えない冬場こそ徹底して対策をしておくと、春から生えてくる雑草を抑えることができます。

庭

夏の暑い中、草むしりをするのは、熱中症などの恐れもあります。・草刈り

春から生えてくる雑草に向け先回りして対策をしておくと、大変な想いをせずに済むでしょう。

毎年雑草に悩まされている人は、是非これからの季節に対策をとってみてください^^