096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

リフォーム業界がクレーム業界と言われる理由

“見積より工事代金が高かった”
“予想とは違う仕上がりになった”
“担当者の対応に不満がある”

リフォーム業界は、実はクレーム業界といわれるほどクレームの多い業界です。

リフォームは簡単な買い物ではありません。

大がかりな工事を伴うこともあり一時的に引っ越すこともあります。

生活そのものをかけ大金を払っているのに、
期待通りに進まなければ不満は大きくなるでしょう。

今回は、リフォーム業界のクレームについて
解説します。

クレームが多いリフォーム業界

快適空間を求め、生まれ変わった家でのびのびと暮らす。

リフォームには家族の夢が込められています。

でも、入念に計画を立て信頼できる業者に依頼したはずなのに、満足のいく結果にならなかった…

リフォーム業界のクレームは近年増加しています。

2018年度の統計において、リフォーム関する電話相談は11,744件と過去5年で3倍にも増えているのです。

この原因の一つには、リフォーム市場が拡大していることも挙げられるでしょう。

中古物件購入後のリフォームや、高齢化によるバリアフリーリフォームの増加に比例して
クレームも増加しています。

リフォーム市場は、今後も拡大するとの見方が強く、クレームも右肩上がりに増え続けてゆくことが予想されます。

具体的なクレーム内容

実際に寄せられている主なクレームは、以下です。

・見積や契約時の金額より高い
・仕上がりが予想とは違う
・担当者が信頼できない
・近隣から工事音がうるさいと言われた
・工事後に不具合が見つかった

特に多いのは、契約金額よりも高額な請求をされたり、工事が粗末で仕上がりに不満が出たりするものです。

追加工事にかかる契約書を交わしておらず、
追加工事の代金が高額だった、とか、アフターフォローがしっかりしていなかった、というクレームもあります。

リフォーム取引販売士のいる業者も、おススメ

どんなに後悔しても時間を戻すことはできません。

工事内容に不満があり、工事をし直すとなるとさらに費用がかさみます。

後悔しないためにも計画は入念に立て慎重に業者を選びましょう。

契約書を交わす際も、細心の注意を払い契約書面を隅々までチェックします。

工事の内容や金額だけでなく、工事後の補償内容やアフターサービスまでチェックしコピーもとっておくと安心です。

自分一人だけでは見落としがあるかもしれないので、家族やリフォームを経験したことのある友人・知人に見てもらうのもよいでしょう。

信頼できる業者を選ぶ一つのポイントとして
「リフォーム取引販売士」があります。

リフォーム取引販売士は、リフォームに関する法律や知識を持って、施工前から工事完了まで丁寧にサポートしトラブルを未然に防ぐ役割を担っています。

リフォームの目的は、工事ではありません。

快適な住まいを作り、そこに住む人々の暮らしを守ることが目的だと当社は感じ、それが使命だと思っています。

リフォーム業界がクレーム業界と言われる理由

“見積より工事代金が高かった”
“予想とは違う仕上がりになった”
“担当者の対応に不満がある”

リフォーム業界は、実はクレーム業界といわれるほどクレームの多い業界です。

リフォームは簡単な買い物ではありません。

大がかりな工事を伴うこともあり一時的に引っ越すこともあります。

生活そのものをかけ大金を払っているのに、
期待通りに進まなければ不満は大きくなるでしょう。

今回は、リフォーム業界のクレームについて
解説します。

クレームが多いリフォーム業界

快適空間を求め、生まれ変わった家でのびのびと暮らす。

リフォームには家族の夢が込められています。

でも、入念に計画を立て信頼できる業者に依頼したはずなのに、満足のいく結果にならなかった…

リフォーム業界のクレームは近年増加しています。

2018年度の統計において、リフォーム関する電話相談は11,744件と過去5年で3倍にも増えているのです。

この原因の一つには、リフォーム市場が拡大していることも挙げられるでしょう。

中古物件購入後のリフォームや、高齢化によるバリアフリーリフォームの増加に比例して
クレームも増加しています。

リフォーム市場は、今後も拡大するとの見方が強く、クレームも右肩上がりに増え続けてゆくことが予想されます。

具体的なクレーム内容

実際に寄せられている主なクレームは、以下です。

・見積や契約時の金額より高い
・仕上がりが予想とは違う
・担当者が信頼できない
・近隣から工事音がうるさいと言われた
・工事後に不具合が見つかった

特に多いのは、契約金額よりも高額な請求をされたり、工事が粗末で仕上がりに不満が出たりするものです。

追加工事にかかる契約書を交わしておらず、
追加工事の代金が高額だった、とか、アフターフォローがしっかりしていなかった、というクレームもあります。

リフォーム取引販売士のいる業者も、おススメ

どんなに後悔しても時間を戻すことはできません。

工事内容に不満があり、工事をし直すとなるとさらに費用がかさみます。

後悔しないためにも計画は入念に立て慎重に業者を選びましょう。

契約書を交わす際も、細心の注意を払い契約書面を隅々までチェックします。

工事の内容や金額だけでなく、工事後の補償内容やアフターサービスまでチェックしコピーもとっておくと安心です。

自分一人だけでは見落としがあるかもしれないので、家族やリフォームを経験したことのある友人・知人に見てもらうのもよいでしょう。

信頼できる業者を選ぶ一つのポイントとして
「リフォーム取引販売士」があります。

リフォーム取引販売士は、リフォームに関する法律や知識を持って、施工前から工事完了まで丁寧にサポートしトラブルを未然に防ぐ役割を担っています。

リフォームの目的は、工事ではありません。

快適な住まいを作り、そこに住む人々の暮らしを守ることが目的だと当社は感じ、それが使命だと思っています。