096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

リフォームの保証。期間は?種類は?

マイホーム計画

夢のマイホーム。家族みんながいつまでも笑顔で過ごせる家であってほしいですね。

そのためには、定期的なメンテナンスやリフォームが必要です。

特に水回りは、10年~20年ごとにメンテナンスやリフォームが必要だといわれています。

リフォームは、安い買い物ではありません。高いお金を払ったのに、納得のいく工事をしてもらえなかったら、非常に残念ですよね。

今回は、リフォーム後の不具合について、保証内容や期間について解説します。

リフォームの保証にも色々ある

マイホーム

新築住宅の場合は、引き渡してから10年の間に、不具合や欠陥が生じた際は、修理や賠償の請求が保障されています。この10年の期間を「瑕疵担保期間」といいます。

しかし、リフォーム工事に関しては、このような保障はありません。

ただし、屋根工事などについては、瑕疵担保責任期間が1年間と定められています。したがって、2年以降の保証については、業者に相談・交渉する必要があります。

屋根の修理

また、工事する箇所によっても保証期間は異なっており、クロスの張替えや床材の張替え工事においては、保証期間を1年定めている業者が多いよう。

水回りなどに関しての保証期間は1~5年と、業者によって幅があり、保証内容も細かく決められています。

欠陥工事に対し「再工事(修補)保険」に加入している業者も多いそうです。

リフォーム業者によってそれぞれ保証期間や内容は異なっていますので、どのような保証を設けているか尋ね、比較検討してみるとよいでしょう。

リフォーム業者の保証ととメーカー保証の違いは?

エアコン取付

リフォームの保証は、業者とメーカーの2つに分かれています。

リフォーム業者の保証は、業者が独自に設けています。リフォームの箇所や設備によって異なっており、期間も1年~5年と幅があります。

メーカー保証は、主に設備に対してメーカーから保証されるものです。保証期間はほとんどが1年、長くても5年まででしょう。

したがって、お風呂の壁や床、ドアなどに不具合が生じた場合はリフォーム業者へ

給湯器の不具合はメーカーへそれぞれ相談が必要です。

“まだリフォームしたばかりだから”と安心せず、日ごろから異常がないかチェックし、早めに対処することが、保証期間内におさまるポイントです。

工事中のトラブルに関する保険もあり!

壁の修理

リフォームは、ときに危険を伴う大がかりな工事を要する場合もあり、思わぬ事故が起きることもあります。

「工事中に職人が誤って近隣住民や通行人にケガを負わせ」「隣家の車を傷つけた」といったトラブルに対し、補償してくれる保険があることもぜひ覚えておいてください。

この保険に加入しているかいないかは、リフォーム業者によって異なりますので、契約前に忘れずに確認しましょう。

壁の補修

リフォーム後の不具合や欠陥は、思わぬときに生じるもの。

業者に問い合わせるのが面倒だからといって自分で修理しようとすると、被害が拡大しかねませんし、逆にお金がかかってしまいます。

契約前に、あらかじめ保証内容や期間、アフターフォローがしっかりしているかきちんと把握し、工事後も定期的に契約書をチェックすると。もしものときに慌てることがないでしょう。

リフォームの保証。期間は?種類は?

マイホーム計画

夢のマイホーム。家族みんながいつまでも笑顔で過ごせる家であってほしいですね。

そのためには、定期的なメンテナンスやリフォームが必要です。

特に水回りは、10年~20年ごとにメンテナンスやリフォームが必要だといわれています。

リフォームは、安い買い物ではありません。高いお金を払ったのに、納得のいく工事をしてもらえなかったら、非常に残念ですよね。

今回は、リフォーム後の不具合について、保証内容や期間について解説します。

リフォームの保証にも色々ある

マイホーム

新築住宅の場合は、引き渡してから10年の間に、不具合や欠陥が生じた際は、修理や賠償の請求が保障されています。この10年の期間を「瑕疵担保期間」といいます。

しかし、リフォーム工事に関しては、このような保障はありません。

ただし、屋根工事などについては、瑕疵担保責任期間が1年間と定められています。したがって、2年以降の保証については、業者に相談・交渉する必要があります。

屋根の修理

また、工事する箇所によっても保証期間は異なっており、クロスの張替えや床材の張替え工事においては、保証期間を1年定めている業者が多いよう。

水回りなどに関しての保証期間は1~5年と、業者によって幅があり、保証内容も細かく決められています。

欠陥工事に対し「再工事(修補)保険」に加入している業者も多いそうです。

リフォーム業者によってそれぞれ保証期間や内容は異なっていますので、どのような保証を設けているか尋ね、比較検討してみるとよいでしょう。

リフォーム業者の保証ととメーカー保証の違いは?

エアコン取付

リフォームの保証は、業者とメーカーの2つに分かれています。

リフォーム業者の保証は、業者が独自に設けています。リフォームの箇所や設備によって異なっており、期間も1年~5年と幅があります。

メーカー保証は、主に設備に対してメーカーから保証されるものです。保証期間はほとんどが1年、長くても5年まででしょう。

したがって、お風呂の壁や床、ドアなどに不具合が生じた場合はリフォーム業者へ

給湯器の不具合はメーカーへそれぞれ相談が必要です。

“まだリフォームしたばかりだから”と安心せず、日ごろから異常がないかチェックし、早めに対処することが、保証期間内におさまるポイントです。

工事中のトラブルに関する保険もあり!

壁の修理

リフォームは、ときに危険を伴う大がかりな工事を要する場合もあり、思わぬ事故が起きることもあります。

「工事中に職人が誤って近隣住民や通行人にケガを負わせ」「隣家の車を傷つけた」といったトラブルに対し、補償してくれる保険があることもぜひ覚えておいてください。

この保険に加入しているかいないかは、リフォーム業者によって異なりますので、契約前に忘れずに確認しましょう。

壁の補修

リフォーム後の不具合や欠陥は、思わぬときに生じるもの。

業者に問い合わせるのが面倒だからといって自分で修理しようとすると、被害が拡大しかねませんし、逆にお金がかかってしまいます。

契約前に、あらかじめ保証内容や期間、アフターフォローがしっかりしているかきちんと把握し、工事後も定期的に契約書をチェックすると。もしものときに慌てることがないでしょう。