096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

増える空き家。国の対策は?空き家管理士1級を取得しました!

空き家

居住用としてまだ十分な機能を備えているのに、誰も住まずに放置されている家、空き家。住む人がいなければどんどん劣化が進みます。

そのまま放置し続けていると、多くの問題が起こります。老朽化による倒壊・落雷・放火による火災・不審者の侵入・景観の悪化など、近隣に迷惑をかけてしまうことも。

国や自治体は、深刻化する空き家問題を解消するべく、さまざまな対策を講じています。

自分は空き家を所有していないし、今住んでいる家も手放さないから関係ない。そう思っている人でも、隣の家が空き家になって、倒壊してきたり、庭の草木が自分の家にも伸びてきたり、空き家に棲みついた鳥獣被害が自宅にも及んだりと
、思わぬ被害に遭うかもしれません。

将来のためにも、今一度、空き家について考えてみませんか?

空き家の種類と現在の数

空き家

そもそも空き家は、単に“人が住んでいない家”というわけではありません。

空き家の定義は、“居住その他の使用がされていない建築物”ですが、空き家として判断されるのは、1年間を通した人の出入りやライフラインの使用状況など、総合的に見て決められるのです。

さらに空き家にも種類があり、以下に分かれます。

①売却、賃貸に出されていない空き家
②売却用の空き家
③賃貸用の空き家
④別荘など二次利用の空き家

②と③は主に不動産会社が管理しているので定期的な管理も行っており、④も機能している住宅です。

問題になっているのは①です。他の空き家に比べ管理が行き届かず、今後も急速に増加すると予想されています。

空き家

平成31年に総務省が発表した「平成30年住宅・土地統計調査の概数」によると、全国の空き家は約864万戸。過去最高を記録しました。そのうち問題の①の空き家は、347万戸。4つの空き家の中で一番増えています。

民間予測では、2030年を過ぎたころには空き家の数は2,000万戸以上になり、全体の3戸に1戸が空き家になるともいわれているのです。

空き家が増えた理由と国の対策

空き家

空き家が急増した背景には、進む高齢化社会があります。

加齢にともない、施設や子どもたちの家に転居する所有者が増え、手放した家も管理しきれず放置したままになっているのです。

このような空き家は、特に利便性の悪い田舎や郊外地域に見られ、今後も増加すると予想されています。

所有者が子どもに空き家を継ごうにも、“空き家まで距離が遠く管理ができない”
“固定資産税がかかり経済的負担が増える”といった理由から、相続に関しても
問題が増えているのです。

固定資産税

そこで国は近年「空家等対策の推進に関する特別措置法」を作りました。この法律で定められているのは

・空き家の実態調査
・所有者に対する管理指導
・跡地の活用促進

また、適切に管理されていない空き家を「特定空き家」に指定できるとし、特定空き家に対し

・助言、指導、勧告、命令を下すことができる
・罰金や行政代執行ができる

という権限を与えています。

空き家管理士1級を取得!空室ゼロを目指しています!

空き家管理士

ひまわりの代表、堀田は最近「空き家管理士1級」の資格を取得しました!

空き家管理士とは、専門的な知識と技術で、空き家を適正に管理するプロフェッショナルです。今後ますます深刻化するであろう空き家問題にもアプローチし、空き家を財産として守る役割も担っています。

不動産業界やリフォーム業界ではよく知られている資格ですが、一般的にはあまり知られていないかもしれません。今後仕事で、どんどん生かせそうです!

ひまわりでは随時、空室対策プランナーとして不動産をお持ちのオーナー様へ、安定した賃貸経営のサポートも行っています。

空き家

熊本市が平成31年に発表した空き家の数は、約3,700戸。所有者の半数は60~70代の高齢者です。

そのうち維持管理を行っていない割合は約14%で、管理されない理由は「遠方に住んでいるから」が多数でした。

今後、空き家をどうしたいか?というアンケートでは「売却したい」という声が最も多い結果に。

空き家を利活用したいが、さまざまな事情によりなかなか踏み出せないという所有者が多いのです。

ひまわりでは、このような問題の相談に乗り、空き家を少しでも減らしてゆきたいと思っています!

増える空き家。国の対策は?空き家管理士1級を取得しました!

空き家

居住用としてまだ十分な機能を備えているのに、誰も住まずに放置されている家、空き家。住む人がいなければどんどん劣化が進みます。

そのまま放置し続けていると、多くの問題が起こります。老朽化による倒壊・落雷・放火による火災・不審者の侵入・景観の悪化など、近隣に迷惑をかけてしまうことも。

国や自治体は、深刻化する空き家問題を解消するべく、さまざまな対策を講じています。

自分は空き家を所有していないし、今住んでいる家も手放さないから関係ない。そう思っている人でも、隣の家が空き家になって、倒壊してきたり、庭の草木が自分の家にも伸びてきたり、空き家に棲みついた鳥獣被害が自宅にも及んだりと
、思わぬ被害に遭うかもしれません。

将来のためにも、今一度、空き家について考えてみませんか?

空き家の種類と現在の数

空き家

そもそも空き家は、単に“人が住んでいない家”というわけではありません。

空き家の定義は、“居住その他の使用がされていない建築物”ですが、空き家として判断されるのは、1年間を通した人の出入りやライフラインの使用状況など、総合的に見て決められるのです。

さらに空き家にも種類があり、以下に分かれます。

①売却、賃貸に出されていない空き家
②売却用の空き家
③賃貸用の空き家
④別荘など二次利用の空き家

②と③は主に不動産会社が管理しているので定期的な管理も行っており、④も機能している住宅です。

問題になっているのは①です。他の空き家に比べ管理が行き届かず、今後も急速に増加すると予想されています。

空き家

平成31年に総務省が発表した「平成30年住宅・土地統計調査の概数」によると、全国の空き家は約864万戸。過去最高を記録しました。そのうち問題の①の空き家は、347万戸。4つの空き家の中で一番増えています。

民間予測では、2030年を過ぎたころには空き家の数は2,000万戸以上になり、全体の3戸に1戸が空き家になるともいわれているのです。

空き家が増えた理由と国の対策

空き家

空き家が急増した背景には、進む高齢化社会があります。

加齢にともない、施設や子どもたちの家に転居する所有者が増え、手放した家も管理しきれず放置したままになっているのです。

このような空き家は、特に利便性の悪い田舎や郊外地域に見られ、今後も増加すると予想されています。

所有者が子どもに空き家を継ごうにも、“空き家まで距離が遠く管理ができない”
“固定資産税がかかり経済的負担が増える”といった理由から、相続に関しても
問題が増えているのです。

固定資産税

そこで国は近年「空家等対策の推進に関する特別措置法」を作りました。この法律で定められているのは

・空き家の実態調査
・所有者に対する管理指導
・跡地の活用促進

また、適切に管理されていない空き家を「特定空き家」に指定できるとし、特定空き家に対し

・助言、指導、勧告、命令を下すことができる
・罰金や行政代執行ができる

という権限を与えています。

空き家管理士1級を取得!空室ゼロを目指しています!

空き家管理士

ひまわりの代表、堀田は最近「空き家管理士1級」の資格を取得しました!

空き家管理士とは、専門的な知識と技術で、空き家を適正に管理するプロフェッショナルです。今後ますます深刻化するであろう空き家問題にもアプローチし、空き家を財産として守る役割も担っています。

不動産業界やリフォーム業界ではよく知られている資格ですが、一般的にはあまり知られていないかもしれません。今後仕事で、どんどん生かせそうです!

ひまわりでは随時、空室対策プランナーとして不動産をお持ちのオーナー様へ、安定した賃貸経営のサポートも行っています。

空き家

熊本市が平成31年に発表した空き家の数は、約3,700戸。所有者の半数は60~70代の高齢者です。

そのうち維持管理を行っていない割合は約14%で、管理されない理由は「遠方に住んでいるから」が多数でした。

今後、空き家をどうしたいか?というアンケートでは「売却したい」という声が最も多い結果に。

空き家を利活用したいが、さまざまな事情によりなかなか踏み出せないという所有者が多いのです。

ひまわりでは、このような問題の相談に乗り、空き家を少しでも減らしてゆきたいと思っています!