096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

中古物件をリフォームするときのメリットとデメリット

夢のマイホーム。

家族全員が一つ屋根の下で
幸せに暮らすためのマイホームは
一生ものの買い物ですよね。

理想のマイホーム計画を立て
それが現実に近づいてくると
とても心が躍るものです。

でも、家の購入は
決して安いものではありません。

住宅ローンにかかる金利や固定資産税
定期的なメンテナンス費用など
住み続けている限り
何かと大きなお金が要る
もの。

新築を建てるのには経済的負担が大きい
という人の間で人気なのが
中古物件のリフォームです。

中古物件が急増中!

空き家の資料

日本の住宅の平均寿命は
約30~40年ほどといわれています。

一生ものの買い物なのに
意外と短い…と思う人も多いでしょう。

したがって、中古住宅が占める割合は
日本の住宅で
全体の約12~13%ほどしかありません。

国の調査によると
毎年100万戸以上の新築住宅が
建っているのに対し
中古住宅の流通は15万戸ほど

圧倒的に新築住宅が多いのです。

外壁塗装

でも、建てた当初はピカピカだった新築も
時が経てば劣化が進み
台風や地震などの被害に遭うと
寿命はさらに短くなります。

そうして使い古された家は
「空き家」となって放置され
誰も住まないままの状態が続きます。

近年では「空き家」の増加が著しく
あと5年後には、日本の住宅の
3軒に1件が空き家になる
との試算
もあるほど。

そこで国は、空き家問題を解消するべく
中古住宅市場の活性化に
取り組んでいます。

2009年からスタートした
「長期優良住宅制度」では
リノベーションで
長期優良住宅の認定を受けると
補助金がもらえたり
既存の住宅でも
バリアフリーや省エネのリフォームをすると
補助金が受けられたりする
のです。

中古物件のリフォームでおトクに快適な家作りを!

リフォーム工事

中古物件は「古い」とか
「今の時代観に合わない外観や間取り」
というイメージがあります。

でも、基礎や構造に問題がなければ
中古物件でも
十分快適な住み心地があるものです。

そのため最近では、若年層を中心に
収入や生活スタイルに合わせて
中古物件を購入し、好みに応じて
リフォームする人が増えています。

リフォーム工事

住宅リフォーム推進協議会が実施した
リフォームに関する調査では
中古住宅を購入後、リフォームするという
若年層の割合が約半数という結果に。

中古住宅市場は今後ますます活性化し
空き家の減少が期待できるといえます。

中古物件リフォームのメリットとデメリット

リフォーム

メリット

【①新築に比べると費用が安い】

同じ間取りと広さの新築と比べても
約半分の値段で購入できる場合が多いです。

【②既存の物件なのでイメージしやすい】

新築と違い実際に内見できるので
家具の配置や生活導線も
容易に想像
できるでしょう。

【③立地条件が良い】

中古物件の多くは
駅や病院、スーパー、公的機関が近いなど
利便性の高い立地にあります。

新築は新規開拓する土地に建てるため
郊外の住宅地に建つことが多いもの。

中古物件は
整備の整った町中にあることが多いので
暮らしやすい
のです。

デメリット

リフォーム

【①劣化や損傷が激しい物件もある】

築年数が経っているほど
家の劣化は進んでいます。
設備も古く、故障している場合など
取り替えも必要になりますので
リフォーム代が予算オーバーすることも。

【②住宅ローン控除が受けられない場合もある】

住宅ローン控除を利用して購入した際
一定の条件を満たせば
所得税の還付が受けられる
住宅ローン控除がありますが

築年数が大幅に経過していると
控除の対象外
となることがあります。

まとめ

リフォーム

中古物件を購入する際は
築年数に注意するとリフォーム代も抑えられ
控除の対象にもなるので、経済的です。

外観や間取り、設備には
こだわりがある人もいるでしょう。

でも、あれもこれもこだわりを盛り込むと
予算オーバーしかねません。

特に中古物件の場合は
リフォームの内容にも限界があります。

予算と優先順位を決め進めると
家族みんなが快適に暮らせる家が
実現するでしょう。

中古物件をリフォームするときのメリットとデメリット

夢のマイホーム。

家族全員が一つ屋根の下で
幸せに暮らすためのマイホームは
一生ものの買い物ですよね。

理想のマイホーム計画を立て
それが現実に近づいてくると
とても心が躍るものです。

でも、家の購入は
決して安いものではありません。

住宅ローンにかかる金利や固定資産税
定期的なメンテナンス費用など
住み続けている限り
何かと大きなお金が要る
もの。

新築を建てるのには経済的負担が大きい
という人の間で人気なのが
中古物件のリフォームです。

中古物件が急増中!

空き家の資料

日本の住宅の平均寿命は
約30~40年ほどといわれています。

一生ものの買い物なのに
意外と短い…と思う人も多いでしょう。

したがって、中古住宅が占める割合は
日本の住宅で
全体の約12~13%ほどしかありません。

国の調査によると
毎年100万戸以上の新築住宅が
建っているのに対し
中古住宅の流通は15万戸ほど

圧倒的に新築住宅が多いのです。

外壁塗装

でも、建てた当初はピカピカだった新築も
時が経てば劣化が進み
台風や地震などの被害に遭うと
寿命はさらに短くなります。

そうして使い古された家は
「空き家」となって放置され
誰も住まないままの状態が続きます。

近年では「空き家」の増加が著しく
あと5年後には、日本の住宅の
3軒に1件が空き家になる
との試算
もあるほど。

そこで国は、空き家問題を解消するべく
中古住宅市場の活性化に
取り組んでいます。

2009年からスタートした
「長期優良住宅制度」では
リノベーションで
長期優良住宅の認定を受けると
補助金がもらえたり
既存の住宅でも
バリアフリーや省エネのリフォームをすると
補助金が受けられたりする
のです。

中古物件のリフォームでおトクに快適な家作りを!

リフォーム工事

中古物件は「古い」とか
「今の時代観に合わない外観や間取り」
というイメージがあります。

でも、基礎や構造に問題がなければ
中古物件でも
十分快適な住み心地があるものです。

そのため最近では、若年層を中心に
収入や生活スタイルに合わせて
中古物件を購入し、好みに応じて
リフォームする人が増えています。

リフォーム工事

住宅リフォーム推進協議会が実施した
リフォームに関する調査では
中古住宅を購入後、リフォームするという
若年層の割合が約半数という結果に。

中古住宅市場は今後ますます活性化し
空き家の減少が期待できるといえます。

中古物件リフォームのメリットとデメリット

リフォーム

メリット

【①新築に比べると費用が安い】

同じ間取りと広さの新築と比べても
約半分の値段で購入できる場合が多いです。

【②既存の物件なのでイメージしやすい】

新築と違い実際に内見できるので
家具の配置や生活導線も
容易に想像
できるでしょう。

【③立地条件が良い】

中古物件の多くは
駅や病院、スーパー、公的機関が近いなど
利便性の高い立地にあります。

新築は新規開拓する土地に建てるため
郊外の住宅地に建つことが多いもの。

中古物件は
整備の整った町中にあることが多いので
暮らしやすい
のです。

デメリット

リフォーム

【①劣化や損傷が激しい物件もある】

築年数が経っているほど
家の劣化は進んでいます。
設備も古く、故障している場合など
取り替えも必要になりますので
リフォーム代が予算オーバーすることも。

【②住宅ローン控除が受けられない場合もある】

住宅ローン控除を利用して購入した際
一定の条件を満たせば
所得税の還付が受けられる
住宅ローン控除がありますが

築年数が大幅に経過していると
控除の対象外
となることがあります。

まとめ

リフォーム

中古物件を購入する際は
築年数に注意するとリフォーム代も抑えられ
控除の対象にもなるので、経済的です。

外観や間取り、設備には
こだわりがある人もいるでしょう。

でも、あれもこれもこだわりを盛り込むと
予算オーバーしかねません。

特に中古物件の場合は
リフォームの内容にも限界があります。

予算と優先順位を決め進めると
家族みんなが快適に暮らせる家が
実現するでしょう。