096-321-6060

受付時間9:00~20:00(日·祝休み)

お問い合わせはこちら

リフォーム後のトラブルを防ぐリフォーム取引販売士とは?

堀田紗江

リフォーム会社には
工事の仕方も業者ごとに異なり
業者にもそれぞれ得意
不得意分野があります。

あれもこれもと
やみくもに一つの業者に依頼しては
かえって費用が高額になることも。

それが元となり
トラブルが起きることも。
リフォームに関するトラブルは
年々増加しています。

工事後のトラブルや
クレームを防ぐ役割を担った
リフォーム取引販売士についてご紹介します。

リフォーム取引販売士とは?

屋根修理

リフォーム取引販売士とは
国土交通省・消費者庁などの
基準や事例を元に

契約書から工事後の
アフターフォローまで
責任をもって施工管理を行える
知識とスキルを持ったプロ
です。

この資格は
代表の堀田も保有しています。

堀田紗江

リフォームは、快適な生活空間を
生み出すための施工。

工事内容はもとより
工事前の説明、工事後の補償内容から
アフターサービスまで
全てお客様に満足いただかなければ
快適とはいえません。

当社は、先に述べたトラブルを
未然に防ぐためにも
リフォーム取引販売士としての
知識と経験を活かし

お客様に納得していただけるよう
最後まで全力でサポートします。

工事別リフォーム会社の例を知り失敗しない業者選びを!

リフォーム工事

工事別リフォーム会社の例としては…

・原状回復⇒内装専門
・水回り⇒設備会社
・塗装⇒外壁・屋根修理業者
・フルリフォーム⇒総合リフォーム会社

まずは自宅のどこを
どのようにリフォームするのか
きちんと考えてから業者を選びましょう。

例えば、原状回復工事を
水回り専門の業者に頼むとします。

業者は専門外なので
別の内装業者に依頼することになります

するとここで利益が上乗せされるため
当然ながらその分費用が
割高になります。

リフォーム工事

反対に、内装業者に
水回りの工事を依頼すると
2業者分の利益が上乗せされるのです。

また、打ち合わせの内容や
頻度によっても提案価格は異なります。

少しでも安く見積もりたいが
打ち合わせは入念にしたい!

という人は、詳細な契約書等を
最初に作っておくと良
いでしょう。

リフォーム取引販売士がいるとさらに安心!

リフォーム工事

昨今では
リフォーム後のトラブルが増えており
国民生活センターへの相談も増えています。

“聞いていた額よりも高い”
“追加の工事に納得がいかない”

など、法律や契約書に関する
トラブルがほとんど
です。

このようなことからも
詳細な契約の存在は非常に大切です。

堀田調査

これらを防ぐためにも
リフォーム取引販売士に
契約内容を細かく説明してもらいながら
話を進めると
その後の流れがスムーズになります。

リフォームを考えているが
どの業者に依頼すればいいのか分からない
という人は

まずは近隣のリフォーム会社について
いくつかピックアップし
その会社が専門としている分野を調べ
直接相談してみるといいでしょう。

その際、その会社に
リフォーム取引販売士がいるとさらに安心です。

リフォーム後のトラブルを防ぐリフォーム取引販売士とは?

堀田紗江

リフォーム会社には
工事の仕方も業者ごとに異なり
業者にもそれぞれ得意
不得意分野があります。

あれもこれもと
やみくもに一つの業者に依頼しては
かえって費用が高額になることも。

それが元となり
トラブルが起きることも。
リフォームに関するトラブルは
年々増加しています。

工事後のトラブルや
クレームを防ぐ役割を担った
リフォーム取引販売士についてご紹介します。

リフォーム取引販売士とは?

屋根修理

リフォーム取引販売士とは
国土交通省・消費者庁などの
基準や事例を元に

契約書から工事後の
アフターフォローまで
責任をもって施工管理を行える
知識とスキルを持ったプロ
です。

この資格は
代表の堀田も保有しています。

堀田紗江

リフォームは、快適な生活空間を
生み出すための施工。

工事内容はもとより
工事前の説明、工事後の補償内容から
アフターサービスまで
全てお客様に満足いただかなければ
快適とはいえません。

当社は、先に述べたトラブルを
未然に防ぐためにも
リフォーム取引販売士としての
知識と経験を活かし

お客様に納得していただけるよう
最後まで全力でサポートします。

工事別リフォーム会社の例を知り失敗しない業者選びを!

リフォーム工事

工事別リフォーム会社の例としては…

・原状回復⇒内装専門
・水回り⇒設備会社
・塗装⇒外壁・屋根修理業者
・フルリフォーム⇒総合リフォーム会社

まずは自宅のどこを
どのようにリフォームするのか
きちんと考えてから業者を選びましょう。

例えば、原状回復工事を
水回り専門の業者に頼むとします。

業者は専門外なので
別の内装業者に依頼することになります

するとここで利益が上乗せされるため
当然ながらその分費用が
割高になります。

リフォーム工事

反対に、内装業者に
水回りの工事を依頼すると
2業者分の利益が上乗せされるのです。

また、打ち合わせの内容や
頻度によっても提案価格は異なります。

少しでも安く見積もりたいが
打ち合わせは入念にしたい!

という人は、詳細な契約書等を
最初に作っておくと良
いでしょう。

リフォーム取引販売士がいるとさらに安心!

リフォーム工事

昨今では
リフォーム後のトラブルが増えており
国民生活センターへの相談も増えています。

“聞いていた額よりも高い”
“追加の工事に納得がいかない”

など、法律や契約書に関する
トラブルがほとんど
です。

このようなことからも
詳細な契約の存在は非常に大切です。

堀田調査

これらを防ぐためにも
リフォーム取引販売士に
契約内容を細かく説明してもらいながら
話を進めると
その後の流れがスムーズになります。

リフォームを考えているが
どの業者に依頼すればいいのか分からない
という人は

まずは近隣のリフォーム会社について
いくつかピックアップし
その会社が専門としている分野を調べ
直接相談してみるといいでしょう。

その際、その会社に
リフォーム取引販売士がいるとさらに安心です。